創業40年!山中に囲まれた昭和の時間軸!ノスタルジック純喫茶【ちぐさ】潜入記

愛媛県は伊予市の中山町にある昭和レトロな純喫茶【ちぐさ】にDECO-PONスタッフが潜入。

 




 

伊予市から日本一の栗「中山栗」で有名な中山町へ行く国道56号線沿い、緑に囲まれた山中に木造鉄筋造りで年期が入った店構えの、その【ちぐさ】はあります。

 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 

創業は40年以上。初心者にとっては歴史が醸し出す外観の独特的な雰囲気からして敷居が高いと思われるが、店内へ入ると一転、マスターがシャキっと紳士的対応でお迎えしてくれます。

 




 

店内は、昭和レトロそのもので、美味しい淹れたてコーヒーが身も心も癒してくれます。もちろん食事もあります。車庫にはトレードマークでもある黒塗りのシブいレトロ・カーも。
リアルに昭和タイムレスな時間軸。

 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 




 

山中なので、都会的という表現もおかしな話ですが、
マスターそのものも昭和ジェントルマンの原型を完璧に留めており、当然の如く地域密着型としても機能。それが団塊世代の方々が云う「良き時代の日本」という、近代社会で失われつつある大事なものが感じとられます。

ちなみに地元の方が狩った体長2mはあるイノシシの写真もあり、建物沿いの川ではカモも12羽飼ってるそうで、それがまた他とは違った「ちぐさ」の最大の特徴でもあります。

 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 




 

近代化が進み喫茶店もその流れで姿を変えてきましたが、山中に隔離されたのもあってか、はたまた狙ってるのか、昭和の原型を留めた珠玉の輝きを放っており、全国的にも珍しい、まさに昭和な「純喫茶」として、ある意味、重要文化財級のお店ではないでしょうか。

日々疲れたあなた、癒されたいあなた、純喫茶好きな方々も是非いってみてはどうでしょう。

 

純喫茶 ちぐさ

 



 

純喫茶 ちぐさ

 

 

記/ Charlie Apple (2014.06.09)

 

 

タグ:純喫茶ノスタルジックカフェ・スイーツ土着グルメ四国愛媛県伊予市中山町昭和レトロ