わずか2時間で完売することも!!創業40年!鳴門うどん【舩本】潜入記

徳島県にお住まいの方に連れて行って頂いた美味しい鳴門うどん店【舩本うどん】にDECO-PON隊員が潜入してきました。

 

見つけにくい場所にあり、それでも多くのお客さんがぞくぞくと来ます。毎日、10時30分開店。早いときには2時間あとの12時には、うどんがなくなってしまう超超超人気店!!!創業40年以来の変わらぬ製法です。

 

鳴門うどん 舩本

 

ここのうどんは徳島でも県北部の鳴門市で主に食べられている「鳴るちゅる」うどん。〈鳴る〉は鳴門のなる。〈ちゅる〉は昼時になると至る所でうどんをちゅるちゅる♪とすする音が聞こえてきたからというもの。

かけで味わうのが1番ここの美味しさを味わえると思います。(船本うどん350円〜)麺は例えるなら、ベトナムのフォーみたいな麺。

手打ちで手切り。鳴門ちゅるうどんの特徴の塩分が少なく水分が多い麺は、少し縮れて不揃い、コシがあまりありません。柔らかく、お年寄りでも大好評。茹ですぎてノビたような感じではなく独特の食感。

よく油抜きされた刻んだ揚げと青ネギが乗ってます。美しい黄金色の出汁は昆布とサバのみの出汁で、それがよく麺にからみ、胃に優しく二日酔いの朝とか、熱にうなされた朝でも食べれそう…。つまり癒しもタップリ詰まった美味しい美味しいおうどんなのです…。

 

鳴門うどん 舩本

 

 

記/ 野菜ぱくぱく (2014.06.10)

 

 

タグ:グルメめん類四国徳島県鳴門市うどん