都内に構えるスリランカの現地感!!キュートでエスノ乙女なカレー屋さん?!【セイロン紅茶の店 NIMSIKI (ニムシキ)】潜入記

 東京都は世田谷区は中町に、個性的なスリランカのお店があると聞きつけ【セイロン紅茶の店 NIMSIKI(ニムシキ)】へ潜入!!

この界隈は、駅から徒歩だと20分以上かかる閑静な住宅地ですが、インターナショナルスクールや、個性的な飲食店が点在しており、なにげに国際色豊かなエリアです。

 

グアム オプショナルツアー

 

そんな中、レトロな色使いで目をひく看板があります。
調べてみると、
食べログだと『セイロン紅茶の店』というストレートすぎる店名で登録されており、ジャンルも「紅茶専門店」「カレー(その他)」としかなっていません。
紅茶通販をメインに運営するココのHPによると、カレーを食べる実店舗名は【NIMSIKI(ニムシキ)】
だそうです。ややこしい。

 

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

バイク買取 ムームードメイン

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

 

そういうことで、紅茶だけでなくカレーもいただけるということで入店すると、そこは「キュートでエスニック」という斬新な世界でした!!!

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

 

壁の装飾から、テーブル調度類まで、現地感覚+キュートセンスで統一されており、パステルカラーの造花や壁面の装飾に囲まれていると、まるで現地宅のパーティにお呼ばれした様な、妙な高揚感を感じます。

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! THE BED ROOM

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

バイク

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

ハワイオプショナルツアー グアム

 

カワイイ椅子に、男ひとりで着席するのをためらいつつも.....カレーの方も期待できそうなので、メニューを吟味して、一品をオーダーすると、今はできないということで、気を取り直して「ミックスカレー」を注文!!

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

THE BED ROOM 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

 

お味の方は、ココナッツミルクベースの甘口のカレールーにピリッとしたスパイスが効いていて、見た目通りの上品なお味でした。

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

食後に店名にもなっている、セイロン紅茶をいただきましたが、爽やかな中にも、ルーツ感の伝わるフレーバーです。

 

 

と、ここまでなら素敵なお店のご紹介でおしまいですが、

ご主人は、もともとシリコンバレーで半導体を製造する装置の会社に勤務、技術者として来日。その後、淡路花博のスリランカの展示をコーディネイト、京都の宇治ではお茶繋がりでコラボ、長野県へ移住と、日本全国をめぐり、現在は、こちらのカレー店を経営しながら、自然を活用したイノベーションに取り組んでおられるとか。

紅茶をいただきながら、そんなお話を聞いていると、ほっこりしたカレーのお店が、いきなりニューサイエンスの研究所に見えてきたのでした。

 

 

セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)セイロン紅茶とスリランカ・カレーの店 NIMSIKI (ニムシキ)

 

カフェとも、喫茶店とも違う、本格的なセイロンティーが愉しめて、西日が差し込む黄昏時に、ティーポットを傾けていると、キュートでエスノで、サイエンスな感覚が、ぐるぐる巡る、不思議なひとときを過ごせたのでした。

 

 

記/ 門松弘樹 (2016.09.15)

 

 

 

タグ:ノスタルジック純喫茶グルメ飯ものカフェ・スイーツB級グルメ土着グルメ関東地方東京都世田谷区レトロカレー